医療法人社団 慈泰会 立川皮膚科クリニック

ご予約・お問合せ JR立川駅南口徒歩2分 042-843-1377 休診日 日曜日・祝日

医療コラム

「第103回 多形日光疹・日光じんましん」 2020年7月24日付 「リビング多摩 」に掲載されました

日光に当たったら腕や胸元に発疹ができました
「多形日光疹」か 「日光じんましん」の可能性が

日光に当たった腕や胸元に発疹が出ることがあります。この症状について日本皮膚科学会認定皮膚科専門医で立川皮膚科クリニック院長の伊東秀記先生に聞きました。

―病名は何でしょうか?

「多形日光疹または日光じんましんと思われます。外出後しばらくしてできる粟粒ぐらいの赤くてかゆい発疹は多形日光疹で、症状は赤み、丘疹、水ぶくれなど、さまざまです。一方、日光じんましんは日光に当たってすぐに強いかゆみを伴う赤い隆起や腫れができます。日陰や室内に入ると、治まり跡が残りません。」

―原因は?

「どちらも軽度の光線過敏症の一種です。多形日光疹は紫外線に対する紫外線に、過敏性より皮膚内にアレルゲンができ、アレルギー反応を起こしている状態です。 太陽光線の強まる5・6月から始まり、秋まで続くことが多いです。日光じんましんは可視光線によるアレルギー反応が原因。繰り返して発症することもあります。」

―治療法は?

「かゆみが強い場合、抗アレルギー剤の内服薬やステロイド剤の外皮用薬などの炎症を抑える薬を処方します。日光じんましんは抗ヒスタミン剤を処方する場合もあります。日光が発症の原因なので、日焼け止めをつける、日傘を使うなどの工夫も大事です。」

20200724立川皮膚科クリニック様_第103回

美容皮膚科受診ご希望の方 立川皮膚科クリニック付属 アクネケア&アンチエイジングセンター AACオンラインショップ

交通アクセス

立川皮膚科クリニック

JR立川駅南口より徒歩2分

多摩都市モノレール
立川南駅から徒歩1分

地図

東京都立川市柴崎町2-1-8
立川駅南口メディカルモール3階

> 詳しい地図はこちら

分院マップはコチラ 医療コラム Column 院長の皮膚に関する医療コラムを掲載しています。 採用情報 一緒に働いてくれるスタッフを募集しています。 立川皮膚科クリニック公式ツイッター 美容のプロが伝授するきれいになるためのAAC美容ブログ
ページトップ