医療法人社団 慈泰会 立川皮膚科クリニック

ご予約・お問合せ JR立川駅南口徒歩2分 042-843-1377 休診日 日曜日・祝日

医療コラム

「第112回 種痘様水疱症」 2021年4月23日付 「リビング多摩 」に掲載されました

夏、子どもの顔や手に水ぶくれができました

「種痘様水疱症」かもしれません

紫外線が強くなる夏に、子どもの顔や手、耳などに水ぶくれのような湿疹がたくさんできることがあります。毎年、同じ時期に繰り返し発症することもあるこの症状について、日本皮膚科学会認定皮膚科専門医の立川皮膚科クリニック・伊東秀記院長に聞きました。

―この症状について教えてください

「顔や耳、手の甲、下唇など、直接日光に照らされる部分(日光露光部)に、初め赤い斑点が多数でき、のちに中央部がくぼんだ水疱状になることがあります。このような症状は、種痘様水疱症の疑いがあります。通常発熱や倦怠感といった全身症状はなく、日光が当たらない衣服で覆われている部分には発症しにくいのが特徴です」

―原因は?

「内因性光線過敏症の一種で、おもな原因として、長い時間、紫外線A波(UVA)にさらされることです。UVAは雲や窓ガラスを通り抜けて肌に届くので注意が必要です」

―治療法は?

「悪化を防ぐために、ステロイド外用薬を処方します。通常、水疱はかさぶたになり、傷痕を残して治癒します。また思春期までに自然治癒することが一般的です」

―注意点は?

「症状が治まらず、より激しい皮疹と発熱などの全身症状が続くようであれば、重症型種痘様水疱症を疑います。発症すると、自然治癒の傾向がなく〝慢性活動性EBウイルス感染症”を併発している可能性が高く、一部はリンパ腫などを生じ、予後不良となることもあります。より詳しい検査が必要となります」

202100423立川皮膚科クリニック様_第112回

美容皮膚科受診ご希望の方 立川皮膚科クリニック付属 アクネケア&アンチエイジングセンター AACオンラインショップ

交通アクセス

立川皮膚科クリニック

JR立川駅南口より徒歩2分

多摩都市モノレール
立川南駅から徒歩1分

地図

東京都立川市柴崎町2-1-8
立川駅南口メディカルモール3階

> 詳しい地図はこちら

分院マップはコチラ 医療コラム Column 院長の皮膚に関する医療コラムを掲載しています。 採用情報 一緒に働いてくれるスタッフを募集しています。 立川皮膚科クリニック公式ツイッター 美容のプロが伝授するきれいになるためのAAC美容ブログ
ページトップ