医療法人社団 慈泰会 立川皮膚科クリニック

ご予約・お問合せ JR立川駅南口徒歩2分 042-843-1377 休診日 日曜日・祝日

医療コラム

「第121回 雀卵斑(じゃくらんはん)」 2022年1月28日付 「リビング多摩 」に掲載されました

鼻の周りに小さな茶色いしみが散らばったようにできる“そばかす”

メイクで隠そうとするとひと手間かかり、悩んでいる人もいるのではないでしょうか。

このそばかすについて、日本皮膚科学会認定皮膚科専門医・立川皮膚科クリニックの伊東秀記先生に聞きました。

―そばかすについて教えてください
見た目から雀卵斑(じゃくらんはん)と呼ばれるそばかすは、鼻から頬のあたりにかけて左右対称に小さな茶褐色の色素斑が広がるシミです。子どものころにできやすく、年齢とともに薄くなっていく場合もあります。成人してからも妊娠時の女性ホルモンの変化によって増えたり、濃くなることがあります。そばかすは遺伝的な要素が強いのですが、紫外線や乾燥なども悪化の要因になります。

―治療法は?
顔にそばかすがあって見た目が気になるようであれば、光治療(自由診療・1㎜あたり3300円)やQスイッチレーザー治療(自由診療・1回2万7500円)を行います。光治療は、一定の期間をあけて5回程度の照射を行います。治療翌日にメイクも可能です。Qスイッチレーザー治療では、2週間程度でかさぶたになり、その後薄くなっていきます。それぞれの治療の特徴がありますので、まずは皮膚科の医師に相談してください。

20220128立川皮膚科クリニック様_第121回

美容皮膚科受診ご希望の方 立川皮膚科クリニック付属 アクネケア&アンチエイジングセンター AACオンラインショップ

交通アクセス

立川皮膚科クリニック

JR立川駅南口より徒歩2分

多摩都市モノレール
立川南駅から徒歩1分

地図

東京都立川市柴崎町2-1-8
立川駅南口メディカルモール3階

> 詳しい地図はこちら

分院マップはコチラ 医療コラム Column 院長の皮膚に関する医療コラムを掲載しています。 採用情報 一緒に働いてくれるスタッフを募集しています。 立川皮膚科クリニック公式ツイッター 美容のプロが伝授するきれいになるためのAAC美容ブログ
ページトップ