医療法人社団 慈泰会 立川皮膚科クリニック

ご予約・お問合せ JR立川駅南口徒歩2分 042-843-1377 休診日 日曜日・祝日

医療コラム

「第44回汗管腫・汗のう腫発生部位と組織図」2015年8月22日号の「リビング多摩」に掲載されました。

目のまわりのポツポツが汗管腫と診断されました
真皮の病変部に対する治療を行います

目のまわり、特に目の下に、ほぼ肌の色と同じで、平らに盛り上がったボツボツがたくさんできて「汗管腫」と診断されることがあります。この病気について立川皮膚科クリニックの伊東秀記先生に聞きました。
 「汗管腫は、皮膚の真皮内にある汗を出す汗管が増殖して発症します。表皮の下の
真皮内に、おたまじゃくし様の組織ができ、それが表皮を持ち上げて症状がでます。
真 皮内に病変があるので表 皮に薬を塗っても効果はありません。汗管腫と診 断されても良性腫瘍のた め、すぐに治療の必要はありませんが年齢とともに数が増え、
大きくなることも。患部が顔の中でも目立つ目のまわりの薄くてデリケートな
皮膚のため、美容的に治療を希 望する人も」

 ̶ どのような治療がありますか?
「円形メスによる除去手術を行います。また、真皮まで届くレーザー治療もあります
(自由診療・1個8000円)。

 似た症状に〝汗のう腫〞があります。皮膚の汗管が拡張して袋状の膿腫をつくる
もので、6〜9月の発汗量のふえるシーズンに悪化し、秋になると軽減します。
こちらの疾患には夏の間だけ、外用薬による対処療法を行うことも。詳しくは皮膚科の
医師に相談を」

20150822_PDF

美容皮膚科受診ご希望の方 立川皮膚科クリニック付属 アクネケア&アンチエイジングセンター AACオンラインショップ

交通アクセス

立川皮膚科クリニック

JR立川駅南口より徒歩2分

多摩都市モノレール
立川南駅から徒歩1分

地図

東京都立川市柴崎町2-1-8
立川駅南口メディカルモール3階

> 詳しい地図はこちら

分院マップはコチラ 医療コラム Column 院長の皮膚に関する医療コラムを掲載しています。 採用情報 一緒に働いてくれるスタッフを募集しています。 立川皮膚科クリニック公式ツイッター 美容のプロが伝授するきれいになるためのAAC美容ブログ
ページトップ