医療法人社団 慈泰会 立川皮膚科クリニック

ご予約・お問合せ JR立川駅南口徒歩2分 042-843-1377 休診日 日曜日・祝日

医療コラム

「第53回弾性線維性仮性黄色腫の症状」2016年5月28日号の「リビング多摩」に掲載されました。

首や脇に黄色いポツポツとシワが目立ちます
弾性線維性仮性黄色腫の疑いがあります

膚の症状から、内科的疾患の早期発見につながる皮膚疾患があり、「弾性線維性仮性黄色腫」もそのひとつです。
この疾患について日本 皮膚科学会認定皮膚科専門医で立川皮膚科クリニックの伊東秀記先生に聞きました。
「弾性線維性仮性黄色腫の症状は、首の脇やわきの下などの線状または網状につながった黄色いポツポツ(ミカンの皮や、ニワトリの皮のようにみえる)と、皮膚が厚くなって
溝ができ、伸びて垂れ下がるのが特徴です。治療としては伸びた皮膚の切除があります」 ̶ 原因は?
「体の弾性線維の組織が壊れることにより、皮膚、眼、血管などがもろくなる病気で、
先天性の遺伝性疾患です。
 眼の症状としては網膜の色素線条があり、網膜の裏の組織が弱くなってひび割れたり、網膜剥離を起こして、視力が低下したり、腎臓の血管に病変があると高血圧、狭心症などを発症するケースがあります。
この病気で大切なことは、皮膚の症状から診断を確定し、眼、心疾患を早期発見し、
早期治療を開始することです。詳しくは医師と相談を」

20160528_PDF

交通アクセス

立川皮膚科クリニック

JR立川駅南口より徒歩2分

多摩都市モノレール
立川南駅から徒歩1分

地図

東京都立川市柴崎町2-1-8
立川駅南口メディカルモール3階

> 詳しい地図はこちら

医療コラム Column 院長の皮膚に関する医療コラムを掲載しています。 採用情報 一緒に働いてくれるスタッフを募集しています。 美容のプロが伝授するきれいになるためのAAC美容ブログ     AACオンラインショップ 美容皮膚科受診ご希望の方 立川皮膚科クリニック付属 アクネケア&アンチエイジングセンター 中野皮膚科クリニック 中野駅南口徒歩1分

皮膚科形成外科武蔵小杉 武蔵小杉駅徒歩1分

美容皮膚科,美容外科,麻酔科,東京赤坂クリニック 美容皮膚科,とだ皮膚科クリニック
ページトップ