医療法人社団 慈泰会 立川皮膚科クリニック

ご予約・お問合せ JR立川駅南口徒歩2分 042-843-1377 休診日 日曜日・祝日

医療コラム

「第57回酒さ様皮膚炎の症状」2016年9月17日号「リビング多摩」に掲載されました。

ステロイド剤を使っていたら顔が赤く腫れました
「酒さ様皮膚炎」の疑いがあります

顔が赤ら顔になる「酒さ(しゅさ)」という疾患に似ている症状で、顔が赤く腫れることがあります。この疾患について日本皮膚科学会認定皮膚科専門医の立川皮膚科クリニック・伊東秀記院長に聞きました。

「なんらかの皮膚疾患があり、その治療のため副腎皮質ステロイド剤を長期にわたり使っている場合、副作用として酒さに似た症状の〝酒さ様皮膚炎〞を発症することがあります。女性に多く発症します」

̶ 症状は?
「ステロイド剤を塗った部位の毛細血管が広がり、赤みやほてりがあり患部が熱っぽく感じられます。症状が進行すると、ニキビのようなブツブツした膿疱があらわれます。かゆみがある場合も あります」

̶原因は?
「副腎皮質ホルモン剤の副作用で生じる皮膚病です」

̶ 診断方法は?
「皮膚症状や、ステロイド剤の使用歴などで診 断に至ることが多いです」

̶ 治療法は?
「この疾患の治療のために、副腎皮質ステロイドの塗り薬を中止します。中止すると症状が一時かなり悪化するので、再使用したくなりますが、使ってはいけません。重症になると、入院治療が必要なことも。治療薬としてはテトラサイクリン系の抗菌剤を処方しま す。通常、治療は3カ月程度続けます。もしも副腎皮質ステロ イド剤を使っていて、症 状が現れた場合、早めの受診をおすすめします」

20160917_PDF

交通アクセス

立川皮膚科クリニック

JR立川駅南口より徒歩2分

多摩都市モノレール
立川南駅から徒歩1分

地図

東京都立川市柴崎町2-1-8
立川駅南口メディカルモール3階

> 詳しい地図はこちら

医療コラム Column 院長の皮膚に関する医療コラムを掲載しています。 採用情報 一緒に働いてくれるスタッフを募集しています。 美容のプロが伝授するきれいになるためのAAC美容ブログ     AACオンラインショップ 美容皮膚科受診ご希望の方 立川皮膚科クリニック付属 アクネケア&アンチエイジングセンター 中野皮膚科クリニック 中野駅南口徒歩1分

皮膚科形成外科武蔵小杉 武蔵小杉駅徒歩1分

美容皮膚科,美容外科,麻酔科,東京赤坂クリニック 美容皮膚科,とだ皮膚科クリニック
ページトップ