医療法人社団 慈泰会 立川皮膚科クリニック

ご予約・お問合せ JR立川駅南口徒歩2分 042-843-1377 休診日 日曜日・祝日

医療コラム

「第86回 単純性血管腫 」2019年2月9日付 「リビング多摩 」に掲載されました

生まれながらの赤いあざが気になっています

「単純性血管腫」であればレーザー治療を

顔面や首、四肢などに 生まれつき平坦な赤あざ ができることがありま す。この症状について、 日本皮膚科学会認定皮膚 科専門医・立川皮膚科ク リニックの伊東秀記先生 に聞きました。

―症状は?  

「単純性血管腫は生ま れたときから存在する、 表面が平坦な赤いあざで、ポートワイン母斑とも呼ばれます。色は明るいピンク色から濃い紫色まであり、範囲や大きさは人によって異なります。成人しても自然に消 えることはありません」

―原因は?

「真皮の毛細血管が異常に増殖することが原因 です。成長とともに体が大きくなると、あざの面積も拡大します。顔面や 頭部に生じたものは成人になると盛り上がってくることがあり、治療が必要です」

―治療法は?  

「昔はドライアイスの圧締療法などもありましたが、現在はレーザー療法を行っています。血管腫に間を開けて数回レー ザーを照射して目立たなくさせます。赤ちゃんのときに治療ができなかった場合でも、大人になってから治療をはじめても構いません。詳しい治療内容は医師と相談してく ださい」

20190209立川皮膚科クリニック_第86回

 

美容皮膚科受診ご希望の方 立川皮膚科クリニック付属 アクネケア&アンチエイジングセンター AACオンラインショップ

交通アクセス

立川皮膚科クリニック

JR立川駅南口より徒歩2分

多摩都市モノレール
立川南駅から徒歩1分

地図

東京都立川市柴崎町2-1-8
立川駅南口メディカルモール3階

> 詳しい地図はこちら

分院マップはコチラ 医療コラム Column 院長の皮膚に関する医療コラムを掲載しています。 採用情報 一緒に働いてくれるスタッフを募集しています。 立川皮膚科クリニック公式ツイッター 美容のプロが伝授するきれいになるためのAAC美容ブログ
ページトップ