医療法人社団 慈泰会 立川皮膚科クリニック

ご予約・お問合せ JR立川駅南口徒歩2分 042-843-1377 休診日 日曜日・祝日

医療コラム

「第92回 エクリン汗のう腫・汗管腫」 2019年8月09日付 「リビング多摩 」に掲載されました

目のまわりのポツポツが軟膏では治りません
エクリン汗のう腫または汗管腫の可能性が


夏になると目の周り、 特に目の下を中心にポツ ポツとした発疹が増える ことがあります。この「エ クリン汗のう腫」と、そ れに似た症状の「汗管腫」 について、日本皮膚科学 会認定皮膚科専門医で、 立川皮膚科クリニック院 長の伊東秀記先生に聞き ました。

―症状は?
  「“エクリン汗のう腫”は、肌と同じ色の米粒大 のポツポツで、皮膚の真皮内にある汗腺の一つ、 エクリン腺の汗管が拡張して袋状ののう腫を作るものです。 40 代以上に多く、発汗量の増える6~ 9月の時期に悪化し、秋 になると軽減する特徴があります。似たような症状にエクリン腺の汗管が 増殖して発症する“汗管腫”があります。こちら は季節に関係なく一年を通して発症します」

―治療法は?
「“エクリン腺汗のう腫”の場合、悪化する夏の時期に、発汗量を抑える外用薬を処方します。 “汗管腫”の場合は、真皮内に病変があるため、表皮に薬を塗っても効果はありません。いずれも良性腫瘍のため、すぐに治療の必要はありませんが、年齢とともに数が増 えたり大きくなることが あります。治療を希望する場合は除去手術を行います。いずれの腫瘍にしても、正しい診断が第一となるため、まずは皮膚科の医師に相談をしてく ださい」

0809立川皮膚科クリニック

 

美容皮膚科受診ご希望の方 立川皮膚科クリニック付属 アクネケア&アンチエイジングセンター AACオンラインショップ

交通アクセス

立川皮膚科クリニック

JR立川駅南口より徒歩2分

多摩都市モノレール
立川南駅から徒歩1分

地図

東京都立川市柴崎町2-1-8
立川駅南口メディカルモール3階

> 詳しい地図はこちら

分院マップはコチラ 医療コラム Column 院長の皮膚に関する医療コラムを掲載しています。 採用情報 一緒に働いてくれるスタッフを募集しています。 立川皮膚科クリニック公式ツイッター 美容のプロが伝授するきれいになるためのAAC美容ブログ
ページトップ