医療法人社団 慈泰会 立川皮膚科クリニック

ご予約・お問合せ JR立川駅南口徒歩2分 042-843-1377 休診日 日曜日・祝日

医療コラム

「第99回 アトピー」 2020年3月27日付 「リビング多摩 」に掲載されました

長年アトピー性皮膚炎に悩み通院が負担です                新薬の自己注射での治療が保険適用に

 

慢性的なかゆみをともなう湿疹で長期間悩んでいる人も多い「アトピー 性皮膚炎」の症状と治療 について、日本皮膚科学会認定皮膚科専門医で、 立川皮膚科クリニック院長の伊東秀記先生に聞き ました。

―原因は?

「アトピー性皮膚炎は皮膚への刺激や乾燥、バリア機能の低下やアレルギー反応でおこります。 かゆみを伴う湿疹で赤く腫れたり、カサカサ、ジクジクしたりと症状には 個人差があります」

―治療方法は?

「皮膚のバリア機能を補う治療(保湿)と、ステロイド抗炎症性外用薬や抗アレルギー剤を使用し、かゆみや炎症を抑える治療を行います。新薬 「デュピルマブ(生物学的製剤)」の自己注射が昨年認可され、保険適用となりました。かゆみや炎症の原因となる、サイトカイン(免疫系細胞から分 泌されるタンパク質)の うちIL―4、IL―13 の作用をブロックする注射薬です。今までの治療法で十分な効果が得られない人が対象です。医師の指導の下、自宅での自己注射も可能となり、通院の回数を減らせるようになりました」

―注意点は?

「自己注射が可能なのは、 15 歳以上の重症患者です。また、顔に合併症の湿疹がある場合は効果が出ない場合もあります。新薬の使用について、 詳しくは皮膚科の医師に 相談してください」

20200327立川皮膚科クリニック様_第99回

美容皮膚科受診ご希望の方 立川皮膚科クリニック付属 アクネケア&アンチエイジングセンター AACオンラインショップ

交通アクセス

立川皮膚科クリニック

JR立川駅南口より徒歩2分

多摩都市モノレール
立川南駅から徒歩1分

地図

東京都立川市柴崎町2-1-8
立川駅南口メディカルモール3階

> 詳しい地図はこちら

分院マップはコチラ 医療コラム Column 院長の皮膚に関する医療コラムを掲載しています。 採用情報 一緒に働いてくれるスタッフを募集しています。 立川皮膚科クリニック公式ツイッター 美容のプロが伝授するきれいになるためのAAC美容ブログ
ページトップ