医療法人社団 慈泰会 立川皮膚科クリニック

ご予約・お問合せ JR立川駅南口徒歩2分 042-843-1377 休診日 日曜日・祝日

医療コラム

「第11回粉瘤」2012年11月3日号「リビング多摩」に医療コラムが掲載されました。

ニキビだと思っていたものが大きくなって腫れてきました
「粉瘤」の可能性があるので早めの受診を

 
ニキビのようなおできが次第に大きくなり、腫れたり熱を持ったりを繰り返すことがあります。
 
病名や治療の方法について、日本皮膚科学会認定皮膚科専門医・立川皮膚科クリニックの伊東秀記院長に聞きました。
 
「おできの中央に小さな黒い点が認められれば、表皮にあった皮膚の古い角質(垢)が真皮内にできた袋にたまって、しこり状になった〝粉瘤(ふんりゅう)〟と思われます(図参照)」

―放っておくとどうなりますか?
 
「新陳代謝に伴い次第に大きくなり、化膿する場合があります。赤く腫れあがり、強い痛みが伴います。自分でつぶすと悪臭のする豆腐のカス状のものが出てきますが、細菌感染してさらに悪化するので、自己判断での処置は禁物です」

―体のどこにできますか?
 
「顔、肩、背中、お尻など。背中やお尻にできると見逃して悪化することが多いです。耳の入り口周辺にできることも」

―どのような治療法がありますか?
 
「一般的な外科的手術や、〝トレパン〟という円い小さいメスで患部の中心をくり抜き、皮下にできている袋を取り除きます。炎症を起こす前に治療することが大切です。治療内容は皮膚科の専門医に相談してみてください」
2012年11月3日付 「リビング多摩」に掲載されました。
 

交通アクセス

立川皮膚科クリニック

JR立川駅南口より徒歩2分

多摩都市モノレール
立川南駅から徒歩1分

地図

東京都立川市柴崎町2-1-8
立川駅南口メディカルモール3階

> 詳しい地図はこちら

医療コラム Column 院長の皮膚に関する医療コラムを掲載しています。 採用情報 一緒に働いてくれるスタッフを募集しています。 美容のプロが伝授するきれいになるためのAAC美容ブログ     AACオンラインショップ 美容皮膚科受診ご希望の方 立川皮膚科クリニック付属 アクネケア&アンチエイジングセンター 中野皮膚科クリニック 中野駅南口徒歩1分 美容皮膚科,美容外科,麻酔科,東京赤坂クリニック 美容皮膚科,とだ皮膚科クリニック
ページトップ