医療法人社団 慈泰会 立川皮膚科クリニック

ご予約・お問合せ JR立川駅南口徒歩2分 042-843-1377 休診日 日曜日・祝日

医療コラム

「第14回全身性エリテマトーデス」2013年2月2日号「リビング多摩」に医療コラムが掲載されました。

顔に左右対称の発疹ができ、いつまでたっても赤味がひきません。
膠原(こうげん)病の疑いがあります。抗核抗体の血液検査を。

 
左右対称で鼻の根元でつながる特徴のある発疹ができ、いつまでも赤味がひかない―、そんな症状について、日本皮膚科
学会認定皮膚科専門医・立川皮膚科クリニックの伊東秀記先生に聞きました。
 
「顔に発疹ができる病気には、アトピー性皮膚炎や、しもやけ、かぶれがありますが、発疹が左右対称の〝蝶形紅斑〟(左
図参照)で、いつまでも赤みが引かない場合、膠原病のひとつ全身性エリテマトーデスの疑いがあります」

―どのような病気でしょうか?
 
「10~30代の主に女性に発症しやすく、はじめ皮膚に症状が出ることが多いため、最初に皮膚科を受診する人が多いので
すが、免疫の異常により全身にさまざまな炎症を引き起こす病気です。この病気の患者さんは、紫外線に過敏なことが多く、スキーなどへ行った後に〝蝶形紅斑〟ができて、病気が見つかる場合も多いのです」

―どのように診断するのですか?
 
「視診だけでなく、血液検査、皮膚の組織検査をします。全身性エリテマトーデスであれば、早期から抗核抗体が陽性という検査結果が出ます。また、寒さなどで、手足の指が白くなったり紫色になり、しびれや冷感を感じる〝レイノー現象〟が患者の約30%の人におきます。早期発見、早期治療が大切です」
2013年2月2日付 「リビング多摩」に掲載されました。
エリマトーデス
エリマトーデス

交通アクセス

立川皮膚科クリニック

JR立川駅南口より徒歩2分

多摩都市モノレール
立川南駅から徒歩1分

地図

東京都立川市柴崎町2-1-8
立川駅南口メディカルモール3階

> 詳しい地図はこちら

医療コラム Column 院長の皮膚に関する医療コラムを掲載しています。 採用情報 一緒に働いてくれるスタッフを募集しています。 美容のプロが伝授するきれいになるためのAAC美容ブログ     AACオンラインショップ 美容皮膚科受診ご希望の方 立川皮膚科クリニック付属 アクネケア&アンチエイジングセンター 中野皮膚科クリニック 中野駅南口徒歩1分 美容皮膚科,美容外科,麻酔科,東京赤坂クリニック 美容皮膚科,とだ皮膚科クリニック
ページトップ