医療法人社団 慈泰会 立川皮膚科クリニック

ご予約・お問合せ JR立川駅南口徒歩2分 042-843-1377 休診日 日曜日・祝日

医療コラム

「第15回爪水虫」2013年3月2日号「リビング多摩」に医療コラムが掲載されました。

足の爪が白く濁ってきました。ポロポロと欠けて気になります。
白癬菌が原因の「爪水虫」の疑いがあります。

 
足の爪が厚くなって濁ってきた―、そんな症状について、日本皮膚科学会認定皮膚科専門医・立川皮膚科クリニックの伊東秀記先生に聞きました。
 
「白癬菌による感染症の〝爪水虫〟と思われます。〝水虫〟を発症する白癬菌が爪の中まで進入したもので、一番多いのは①のタイプです(表参照)。水虫が〝風邪〟なら、爪水虫は肺炎にかかったような状態で、水虫がいつまでたっても治らない人は要注意です。つまり、爪から感染を繰り返しているのです。股や腹部、頭部まで、感染した爪を介して感染が進むこともあります」

―どのような治療法がありますか?
 
「爪の中に白癬菌がいるかどうか顕微鏡検査で確認したうえで、内服薬を処方します。他の薬との飲み合わせなどのチェックをし、副作用の確認と血液検査も。さらに患部の爪を切り取る処置をすることもあります」

―他人に感染しますか?
 
「はい。家庭内感染が主な原因といわれています。バスマットなどが感染源です。女性は水虫を恥ずかしい病気と診察を
ためらう傾向がありますが、白癬菌はカビの一種で高温多湿を好むので、夏を迎えるまでに治療をすることをおすすめします」 
2013年3月2日付 「リビング多摩」に掲載されています。
爪水虫

交通アクセス

立川皮膚科クリニック

JR立川駅南口より徒歩2分

多摩都市モノレール
立川南駅から徒歩1分

地図

東京都立川市柴崎町2-1-8
立川駅南口メディカルモール3階

> 詳しい地図はこちら

医療コラム Column 院長の皮膚に関する医療コラムを掲載しています。 採用情報 一緒に働いてくれるスタッフを募集しています。 美容のプロが伝授するきれいになるためのAAC美容ブログ     AACオンラインショップ 美容皮膚科受診ご希望の方 立川皮膚科クリニック付属 アクネケア&アンチエイジングセンター 中野皮膚科クリニック 中野駅南口徒歩1分 美容皮膚科,美容外科,麻酔科,東京赤坂クリニック 美容皮膚科,とだ皮膚科クリニック
ページトップ