医療法人社団 慈泰会 立川皮膚科クリニック

ご予約・お問合せ JR立川駅南口徒歩2分 042-843-1377 休診日 日曜日・祝日

医療コラム

「第2回口唇ヘルペス」2012年2月4日号「リビング多摩」に医療コラムが掲載されました。

「口唇ヘルペスにかかったようです。どうすればよいですか?」
皮膚科の診断を受けて適切な時期に薬を服用してください

 
くちびるの周囲に小さな水ぶくれができる〝口唇ヘルペス〟について、「立川皮膚科クリニック」の伊東秀記院長に聞きました。
 
「口唇ヘルペスは、単純ヘルペスウイルスⅠ型またはⅡ型の感染が原因で起こります。このウイルスの特徴は、感染し抗体ができた後でも機会があれば再発を繰り返すこと。再発の場合は図①~④の症状を経て約2週間で回復します」

―再発の原因は何ですか?
 
「感染後のウイルスは、頚部の三叉(さんさ)神経節に潜伏して人間と共存しています。体の免疫力が低下すると、ウイルス
が他へ移ろうとして再活性化し、口唇ヘルペスなどとして現れます。風邪、疲労、ストレス、日焼けがきっかけになるため、
疲れが出やすい時期は特に気をつけましょう」

―治療法はありますか?
 
「再発のきざしに気づいたら、すぐに医師の診断を受けましょう。初期段階(図①または②)に抗ウイルス薬を服用することが重要です。抗ウイルス薬はウイルスの活動・増殖を抑制しますが、ウイルスを殺す作用はありません。神経節に潜伏しているウイルスに対しても効果はないので、症状が出始めのウイルスが活性化しているときが治療のよい機会です。また、くちびるがかぶれる、水泡ができるなどの症状が、月に1度繰り返されるという人は注意を。口唇ヘルペスと間違えやすい〝固定薬診〟やかぶれかもしれません。これは、頭痛・生理痛、便秘などの内服薬の影響によるものなので、皮膚科によるギムザ染色検査をおすすめします」
口唇ヘルペス

美容皮膚科受診ご希望の方 立川皮膚科クリニック付属 アクネケア&アンチエイジングセンター AACオンラインショップ

交通アクセス

立川皮膚科クリニック

JR立川駅南口より徒歩2分

多摩都市モノレール
立川南駅から徒歩1分

地図

東京都立川市柴崎町2-1-8
立川駅南口メディカルモール3階

> 詳しい地図はこちら

分院マップはコチラ 医療コラム Column 院長の皮膚に関する医療コラムを掲載しています。 採用情報 一緒に働いてくれるスタッフを募集しています。 美容のプロが伝授するきれいになるためのAAC美容ブログ
ページトップ