医療法人社団 慈泰会 立川皮膚科クリニック

ご予約・お問合せ JR立川駅南口徒歩2分 042-843-1377 休診日 日曜日・祝日

医療コラム

「第20回後天性真皮メラノサイトーシス」2013年8月24日号「リビング多摩」に医療コラムが掲載されました。

顔のシミが「肝斑」と診断されました。治療を始めるにあたり注意点は?
「後天性真皮メラノサイトーシス」と混在している可能性があります。

 
頬や目の下などにできるシミの治療についての注意点を、日本皮膚科学会認定皮膚科専門医・立川皮膚科クリニックの伊
東秀記先生に聞きました。
 
「顔のシミは種類により治療法が異なるので注意が必要です。〝肝斑〟と診断した場合、トラネキサム酸、ビタミンCの服用を処方します。ただ、治療を続けても、色素斑が残る場合があります。このような場合〝後天性真皮メラノサイトーシス(ADM)〟を疑います」

―どのような症状ですか?
 
「思春期から出現し、左右対称の茶色やグレー、青色を帯びた小さな色素斑がコメカミから頬、小鼻などに発症します。内服薬、外用薬は治療効果がありません」

―原因を教えてください
 
「皮膚の深いところ(真皮層)に通常存在しないはずのメラニン色素を作る細胞〝メラノサイト〟ができるのが原因です」

―治療法は?
 
「〝肝斑〟との混在例が少なくないので、まずは〝肝斑〟の治療を優先し、後天性真皮メラノサイトーシスはレーザー治療
(自由診療・標準費用1回1万6000円)で症状をコントロールします。治療には時間がかかるので、治療方針については医師と相談を」
2013年8月14日 「リビング多摩」に掲載されました。
後天性真皮メラノサイトーシス
後天性真皮メラノサイトーシス
 

交通アクセス

立川皮膚科クリニック

JR立川駅南口より徒歩2分

多摩都市モノレール
立川南駅から徒歩1分

地図

東京都立川市柴崎町2-1-8
立川駅南口メディカルモール3階

> 詳しい地図はこちら

医療コラム Column 院長の皮膚に関する医療コラムを掲載しています。 採用情報 一緒に働いてくれるスタッフを募集しています。 美容のプロが伝授するきれいになるためのAAC美容ブログ     AACオンラインショップ 美容皮膚科受診ご希望の方 立川皮膚科クリニック付属 アクネケア&アンチエイジングセンター 中野皮膚科クリニック 中野駅南口徒歩1分 美容皮膚科,美容外科,麻酔科,東京赤坂クリニック 美容皮膚科,とだ皮膚科クリニック
ページトップ