医療法人社団 慈泰会 立川皮膚科クリニック

ご予約・お問合せ JR立川駅南口徒歩2分 042-843-1377 休診日 日曜日・祝日

医療コラム

第26回太田母斑」2014年2月22日号「リビング多摩」に医療コラムが掲載されました。

35歳女性、子どもの頃からある太田母斑の治療を考えています。
保険適応のレーザー治療があります。


目の周りや、頬などに青みを帯びたシミがあり、ファンデーションで隠して生活している人がいます。この皮膚症状について、日本皮膚科学会認定皮膚科専門医・立川皮膚科クリニックの伊東秀記先生に聞きました。
 
「顔の片側(まれに両側)の目頭から額、頬などに広がるシミは〝太田母斑〟の疑いがあります。眼球の白目の部分にできる
こともあります。女性に多く、発症のピークは生後1年以内と、思春期のころです。シミの原因となっているメラニンが通常のシミよりも深い真皮内にあるため、青みがかっているのが特徴です」

―治療法方は?
 
「保険適用のレーザー治療があります。大きさや症状によっては、クリーム状の麻酔を使用します。3~4カ月空けて、複数回のレーザー治療が必要です。〝太田母斑〟に、通常のシミの治療や、美白剤などを使用しても効果はありません。
 
質問者が発症した時代の治療といえば、ドライアイスを使った〝雪状炭酸圧低法〟や皮膚を削り取る〝剥削法〟などで、皮
膚への負担が大きい治療法を選ぶしかありませんでした。現在はレーザー治療が主流です」

2014年2月22付 「リビング多摩」に掲載されました。

太田母斑

交通アクセス

立川皮膚科クリニック

JR立川駅南口より徒歩2分

多摩都市モノレール
立川南駅から徒歩1分

地図

東京都立川市柴崎町2-1-8
立川駅南口メディカルモール3階

> 詳しい地図はこちら

医療コラム Column 院長の皮膚に関する医療コラムを掲載しています。 採用情報 一緒に働いてくれるスタッフを募集しています。 美容のプロが伝授するきれいになるためのAAC美容ブログ     AACオンラインショップ 美容皮膚科受診ご希望の方 立川皮膚科クリニック付属 アクネケア&アンチエイジングセンター 中野皮膚科クリニック 中野駅南口徒歩1分 美容皮膚科,美容外科,麻酔科,東京赤坂クリニック 美容皮膚科,とだ皮膚科クリニック
ページトップ