医療法人社団 慈泰会 立川皮膚科クリニック

ご予約・お問合せ JR立川駅南口徒歩2分 042-843-1377 休診日 日曜日・祝日

医療コラム

「第29回うおのめ」2014年5月24日号「リビング多摩」に医療コラムが掲載されました。

“うおのめ”が痛くて歩くのが苦痛です。保護パットを使っても改善しません。
皮膚科を受診のうえ痛みの元になる“芯”の除去を

 
ひどくなると歩くたびにズキッと痛い〝うおのめ〟。治療法について日本皮膚科学会認定皮膚科専門医・伊東秀記先生に聞きました。
 
「〝うおのめ〟は皮膚への圧迫や摩擦が長時間集中する部分にできやすく、皮膚の内側に向かってくさび型に肥大化し真皮内(皮膚の内側)に芯ができます。この芯が神経を刺激し、刺すような痛みの原因となります。似た症状に〝たこ〟があり、皮膚表面が外側に向かって硬くなるものをいいます」

―どんな治療方法がありますか?
 
「症状が軽い時は、保護パットで痛みをやわらげます。保護パットで改善せず、ある程度大きく厚みのある場合、患部を1㎜程度削り芯を取り除く処置をします。
 
自分で削ったりほじったりは禁物です。芯が取りきれないばかりか、感染を起こすことがあり、またウイルス性のイボだった場合、削るとほかにも感染する可能性もあります。一般的に小学生ぐらいまでの子どもに〝うおのめ〟はできないことが多いので、ウイルス性いぼとの鑑別が必要です。気になる症状があったら皮膚科の受診をおすすめします」

交通アクセス

立川皮膚科クリニック

JR立川駅南口より徒歩2分

多摩都市モノレール
立川南駅から徒歩1分

地図

東京都立川市柴崎町2-1-8
立川駅南口メディカルモール3階

> 詳しい地図はこちら

医療コラム Column 院長の皮膚に関する医療コラムを掲載しています。 採用情報 一緒に働いてくれるスタッフを募集しています。 美容のプロが伝授するきれいになるためのAAC美容ブログ     AACオンラインショップ 美容皮膚科受診ご希望の方 立川皮膚科クリニック付属 アクネケア&アンチエイジングセンター 中野皮膚科クリニック 中野駅南口徒歩1分 美容皮膚科,美容外科,麻酔科,東京赤坂クリニック 美容皮膚科,とだ皮膚科クリニック
ページトップ