医療法人社団 慈泰会 立川皮膚科クリニック

ご予約・お問合せ JR立川駅南口徒歩2分 042-843-1377 休診日 日曜日・祝日

医療コラム

「第39回温熱性紅斑」2015年3月21日号の「リビング多摩」に掲載されました。

春になったら足に赤みのある網目状のものがあるのに気づきました。
熱刺激による「温熱性紅斑」の疑いがあります。


足のひざから下の皮膚に、赤みを帯びた網目状のものが出現することがあります。 
この症状について、日本皮膚科学会認定皮膚科専門医・立川皮膚科クリニックの伊東秀記先生に聞きました。
 
「〝温熱紅斑〟の疑いがあります。〝火だこ〟ともよばれ、網目状のものは毛細血管です。部位は足片側だけ、外側だけ、
ひざの周辺だけとさまざまです。放置しておくと、次第に褐色に色素沈着をおこします」

―原因は?
 「熱刺激を長時間受け続けたことが原因です。冬の間、机の脚元に温風ヒーターやハロゲンヒーターを置いて仕事をした
り、ホットカーペットや赤外線こたつで寝るなど長時間、温熱機器を利用することにより発症することがあります。
冬よりも、春になってから症状が出るのが特徴です」

―治療方法は?
 「赤みが強く、炎症を起こしているときはステロイド剤の塗り薬を処方します。色素沈着を防ぐためにビタミンCなどの
内服薬を処方することもあります。また、似た症状の疾患があるので、的確な診断が必要です。まずは医師に相談を」
 

交通アクセス

立川皮膚科クリニック

JR立川駅南口より徒歩2分

多摩都市モノレール
立川南駅から徒歩1分

地図

東京都立川市柴崎町2-1-8
立川駅南口メディカルモール3階

> 詳しい地図はこちら

医療コラム Column 院長の皮膚に関する医療コラムを掲載しています。 採用情報 一緒に働いてくれるスタッフを募集しています。 美容のプロが伝授するきれいになるためのAAC美容ブログ     AACオンラインショップ 美容皮膚科受診ご希望の方 立川皮膚科クリニック付属 アクネケア&アンチエイジングセンター 中野皮膚科クリニック 中野駅南口徒歩1分 美容皮膚科,美容外科,麻酔科,東京赤坂クリニック 美容皮膚科,とだ皮膚科クリニック
ページトップ