医療法人社団 慈泰会 立川皮膚科クリニック

ご予約・お問合せ JR立川駅南口徒歩2分 042-843-1377 休診日 日曜日・祝日

医療コラム

「第109回 シイタケ皮膚炎」 2021年1月29日付 「リビング多摩 」に掲載されました

体に強いかゆみが出て、かいたら線状に赤くなりました

シイタケ皮膚炎かもしれません

冬、寒い日が続くと鍋物を囲む日が増えます。鍋を食べて数日たったのちに、体に激しいかゆみが表れることがあります。この症状について日本皮膚科学会認定皮膚科専門医で、立川皮膚科クリニック院長の伊東秀記先生に聞きました。

―病名は何でしょうか?

 「体をかいたあとが線状に赤くなり、ブツブツや細かい水疱ができているであれば、“シイタケ皮膚炎”だと思われます。かいた刺激によって発疹ができる、ケブネル現象がみられるのも特徴です」

―原因は?

 「生あるいは加熱が十分でないシイタケを食べたことが原因です。まれにシイタケチップスやシイタケの戻し汁でも発症した例があります。発症の原因はまだ確定されてはいませんが、シイタケに含まれるレンチナンや、チロシン、チロシナーゼなどの成分が関与しているのではないかと思われます」

―治療法は?

 「抗ヒスタミン薬やステロイド剤の外用薬を処方します。かゆみがひどい場合はステロイド剤の内服薬を処方します。じんましん、皮膚筋炎でも似たような症状がでることがあるので、自己判断せずにまずは皮膚科の医師に相談してください」

20210129立川皮膚科クリニック様_第109回

 

美容皮膚科受診ご希望の方 立川皮膚科クリニック付属 アクネケア&アンチエイジングセンター AACオンラインショップ

交通アクセス

立川皮膚科クリニック

JR立川駅南口より徒歩2分

多摩都市モノレール
立川南駅から徒歩1分

地図

東京都立川市柴崎町2-1-8
立川駅南口メディカルモール3階

> 詳しい地図はこちら

分院マップはコチラ 医療コラム Column 院長の皮膚に関する医療コラムを掲載しています。 採用情報 一緒に働いてくれるスタッフを募集しています。 美容のプロが伝授するきれいになるためのAAC美容ブログ
ページトップ